家庭用の脱毛器の効果 - 脱毛したい部位に応じた脱毛器選び

家庭用の脱毛器の効果

subpage1

脱毛をしてきれいな肌にしたいが、サロンは費用がかかるし、通うのが面倒だから、家庭用の脱毛器で何とかしたい。
という方のために、ここでは、家庭用レーザー脱毛器と、フラッシュ光脱毛器を比較してみたいと思います。
まず、皮膚の下の毛の色、メラニン色素をターゲットにして、レーザーを照射しますので、ピンポイントにターゲットにのみ反応してくれ、周りの皮膚などを傷めることがありません。

黒い色に反応するので、色素沈着が濃い場所には向いていませんし、産毛などは、反応してくれないことがあります。
しかし、機械の種類や、使い方によっては、効果が期待できます。


ここまでは、レーザー式も、フラッシュ光式もほとんど同じです。


わかりやすい違いとしては、レーザー式は、レーザーの照射範囲が狭いので、広範囲を一気に処理することにはあまり向いていません。

気をつけてやらないと、照射漏れも起こりやすくなります。さらにフラッシュ光式と比べてレーザーの出力が高いので、少し痛みが強いです。

しかし、フラッシュ光式と比べると、効果を感じ始めるまでの期間が短くなります。続いて、フラッシュ光脱毛器ですが、レーザーと比べると照射範囲が広いので、施術時間が短くて済みます。
出力が低めになっているので、痛みが少ないことも評判がいい理由の一つです。
レーザー式と比べると、効果を感じ始めるまでの期間が長くなりますので、定期的に根気よく続ける必要が出てきます。

どちらも効果があるのですが、痛みが強めのものと弱めのもの、効果が出るのが早めのものと遅めのもの、後は、実際に購入する時の価格の違い、考えないといけないことはいろいろありますので、自分にとって1番いいものを、あせらず、じっくり選んでください。